本妙寺進学ゼミナールの皆さんへ

ほとんどの学校で新学期が延期された事は 皆さんの将来を考えると非常に残念です。
この逆境の中 塾生の皆さんは感染に注意を払いながら来塾し頑張っています。緊急事態宣言で府民の自粛が要請されました。一刻も早い事態の終息を祈るばかりです。

しかし 現実に目を向けると 日々 感染は拡大しています。今回の宣言によりある程度の感染抑制は期待できますが ワクチンが出回るまでは 大小の波を繰り返しながら感染は拡大していくように思われます。
すでに誰が感染してもおかしくない状況になっています。私が感染するかも知れない。皆さんが感染するかも知れない。お父さん お母さんが感染するかも知れない。しかし 感染するかも知れないという不安に振り回されるのではなく 感染に注意を払いながらも 今しなければならない事に全力を注いで欲しいのです。私も皆さんと共に勇気をもって前に進んで行こうと思っています。

もし 皆さんの身近な人が感染し 皆さんが濃厚接触者に指定されたり ご自身が感染したら 目の前の健康回復に全力を注いで下さい。私たちは遠隔授業等 様々な手段をこうじて全力で皆さんをバックアップします。私が病に倒れたら 信頼する先生方に教室を託すと共に 離れた所からでも私のできうる事を全力で行なおうと思っています。

くりかえします。不安に振り回されず 今に全力を注いで下さい。

塾の新学期が始まって ある保護者の方からお電話を頂きました。
「お兄ちゃんと一緒に 弟も自習に行かせていいでしょうか?」と。
実は勉強の弱点補強のため 弟さんをお呼びして指導させて頂きたく思っていたのですが 大阪の状況を考え お電話するのを差し控えていた矢先のお問い合わせでした。信頼を寄せて頂いて本当に嬉しく思いました。ご兄弟で来塾し3時間頑張って帰って行かれました。
また この状況の中 自主的に自習に来てくれた生徒さんたちにも勇気をもらいました。
「お母さん心配しておられなかった?」と聞くと「自分で行くと決めたのなら行っておいでと言ってくれた」との返事。成長した姿を見て他の先生方もうれしく思っておられました。

この状況の中 授業を継続すると決定した事でお叱りのお電話を頂戴する事を覚悟していましたが 頂きましたお電話で感謝のお言葉を頂き うれしく思うと同時に恐縮いたしております。

自宅で昼夜逆転しゲーム テレビ YouTube 友達との時間 だけで1ヶ月を費やすのではなく「今 を生きて欲しいと思います。せっかくの命なのですから」

尚 万万が一に備えるため 遠隔サポート授業の準備をしてまいります。遠隔授業に参加する際にはメールアドレスの登録が必要となります。塾生の皆さんには塾からのメールを受け取れる携帯電話 pc タブレット いずれかのメールアドレスを 保護者の方の同意の上 お知らせ下さい。

皆さんの健康と健闘を心より祈っています。
塾長より

2020年04月10日